Energy, process & utilities

エネルギーをとらえる

Rachel Callery
25 April 2013

Frost & Sullivan社のエネルギーおよび環境ビジネス・プラクティス部門で、欧州の再生可能エネルギーについてのプログラムマネージャーを務めるAlina Bakhareva氏は、メディアで報じられるネガティブなニュースの先を見通し、風力発電産業の成功を注視しています。

COMPASS編集部: 風力発電市場は拡大していますか。

Alina Bakhareva氏(以下AB): 世界全体の新規設備での発電容量を見ると、2009年の38ギガワット(GW)に対して2012年は45GWで、成長していることがわかります。ヨーロッパでは、特にドイツとスペインで2005~2009年に大幅な成長が見られました。中国やインドのような新興国では、発電設備容量が急増しています。中国では5カ年計画の中で環境にやさしい技術の開発に向けて明確な目標を掲げ、世界の市場規模を拡げており、2011年と2012年には、環境を意識した新規の設備量において世界一になりました。米国はその広大な国土のため潜在力は大きいものの、止まっては進むタイプの市場です。連邦政府の優遇措置があれば市場は活気づきますが、議会による優遇措置の延長決定がぎりぎりになるまで分からない場合、停滞してしまうのです。

この市場にはまだ政府の支援が必要ですか。

AB: 新たな市場を立ち上げるには、どのような場合も政府の政策が鍵になります。ドイツでは、「再生可能エネルギー法(EGG)」が突破口となって進展しました。EGGによって導入された固定価格買い取り制度が確立したことで、それが業界を支援し、投資家を引き付け、信頼を保証する、最適なモデルであることが実証されたのです。
どの国でも、選択した支援の仕組みについて、批判的見地からの見直しが行われています。ドイツとイギリスの場合、政府は1~2年ごとに、各種類の再生可能エネルギーに提供した支援額を綿密に調査しています。資本コストと運用費を比較し、風力発電を競争力があり、投資家にとって魅力的なものにするために必要な額を調べています。風力エネル
ギーの発電容量がまだ伸びているという事実だけでも、今の比較検討結果は適切であることを確信しています。

風力は間欠的なエネルギーですが、貯蔵できないのでしょうか。

AB: エネルギーの貯蔵は、今最も熱いトピックです。送電系統運用規則(グリッドコード)の制定においては最も進んだ市場である中国では、リチウムイオン電池を基礎とするグリッドスケールのエネルギー貯蔵設備を試験中です。このソリューションは、1ユニットにリチウムイオン電池(最大32メガワット分)を格納したコンテナ状の装置です。強風が吹いたときには常にそのエネルギーを蓄えて、需要が高まったり、発電会社が作るエネルギーが十分でなかったりする場合に、蓄えたエネルギーを後からグリッドに放出することができます。

洋上風力発電の市場について教えてください。

AB: 洋上風力発電はまだ、コストが高い初期段階にありますが、より多くのウィンドパークが展開されて業界内に経験が蓄積されていくにつれ、導入コストは下がってくるでしょう。洋上風力発電の市場は、洋上への対応が進んだ石油・ガス市場から学ぶべきことが多くあります。これらはすでに確立されている産業であり、保守や安全操業の分野で優れた経験を有しています。そうした知識を、より効率的に他の海洋産業に移転する方法を確立することが必要です。

風力発電機メーカーの課題は何でしょうか。

AB: 現在、非常に激しい競争圧力があります。特定の地形で数メガワット規模の導入実績を持つメーカーでない限り、大規模プロジェクトのデベロッパーに、風力タービンの調達先として検討されることはほとんどないでしょう。彼らは、さまざまな風力条件で技術仕様書通りに稼働し、発電できるものを求めています。それが無理ならば、その機器が信頼されることはありません。
2つ目の課題は現在の経済状況です。従来型の発電とコスト面で競争するには、メーカーはより軽量で効率的な設備を製作し、1単位としてのウィンドファームの発電効率をさらに高める必要があります。

風力発電の将来像を教えてください。

AB: 多くの国々が、自国のグリッドに、風力発電プラントからの変動する電力を引き受けることができる十分な柔軟性を持たせつつ、すべての利用者に等しい柔軟性、安全性、信頼性を提供できる方法を探っています。デンマークの場合、それがとても容易な状況にあります。ノルウェーに水力発電所の電力供給切り替えを要請するだけで済み、それはいつでも開始できるからです。揚水ポンプによる蓄電は実績があって維持費も低いため、現時点では依然として最も経済的な方策です。

しかしトルコの場合、グリッドに供給できる電力量を把握するために、すべての風力発電事業者に、13時間前までに予測発電量を報告することを政府が求めています。発電量が予測より多くても少なくても、事業者には罰金が科されます。ウィンドファームにエネルギー貯蔵ソリューションを追加すれば、出力を制御し予測と一致させることができますが、そうしたソリューションはコスト増になります。

中国では、北部の環境と強風が風力発電所の開発に適していますが、電力需要の大半は南部で生じています。これに対するソリューションとして、中国は北部と南部を結ぶ高圧電流のグリッドネットワークを建設しています。

Frost & Sullivan社で再生エネルギーを専門にしているAlina Bakhareva氏は、エネルギーと電力の幅広い市場領域において、調査、コンサルティング、プロジェクト管理の経験を有しています。特にエネルギーと環境ビジネスで、新しい製品や設備の市場評価、調達戦略とベストプラクティスの調査、バリューチェーン全体での機会の評価を行ってきました。

Related resources

Subscribe

Register here to receive a monthly update on our newest content.